前米国国務次官シャノン(左)、前国防副長官シャナハン(中)、前エネルギー長官ブルーレット(右)は、2018年2月2日に国防総省で行われた記者会見で「核態勢の見直し」を発表しました。( U.S. Navy, Public domain, via Wikimedia Commons)
国際 時 事

米「核態勢の見直し」 バイデン氏、選挙当初の公約を覆す

 バイデン政権は28日、米国の核政策や戦略を定める報告書「核態勢の見直し(NPR)」を公表し、極端な状況下での核兵器を率先して使用する権利を
アントニー・ブリンケン米国務長官とロイド・オースティン米国防長官(パブリック・ドメイン、合成写真)
国際 時 事

米国、イランに「核協議しなければ、ありうる武力解決の選択肢」

 米国のアントニー・ブリンケン国務長官は13日、イスラエルおよびアラブ首長国連邦(UAE)の外務大臣と3者会談を行った。米国とイスラエルは、