「郵便投票のスタンプ偽造」を指摘した2人目の証人(イメージ:ツイッター動画のスクリーンショット)

 11月6日、ペンシルベニア州の郵便局スタッフが、郵便局長の指示で投票用紙に違法な操作があったと証言した。

 郵便局スタッフのリチャード・ホプキンス氏(Richard Hopkins)は、連邦捜査官に実情を打ち明けたことを「プロジェクト・ベリタス(Project Veritas)」に話した。その内容は郵便局長のロブ・ワイゼンバッハ氏が11月3日より後の遅れた全ての投票は、3日の消印とするように命じたことであった。

 ホプキンス氏は記者ジェームズ・オキーフ(James O‘Keefe)とのインタビューで、郵便局長が11月3日以降に到着した投票用紙を他の郵便物と分けて、3日の消印を押すように指示したことを明らかにした。

 ペンシルベニア州の法律では、3日の午後8時までの消印に限り、投票はカウントされると規定されている。

 オキーフ記者はこのインタビュー映像をツィッターに投稿した直後、瞬く間に拡散され、本稿を執筆した時点で120万件以上のいいねが集まった。

 ホプキンス氏は最初の証言者ではない。11月5日にプロジェクト・ベリタスが公開した映像でも、ペンシルベニア州の他の郵便局スタッフが郵便局の違法行為を明らかにした。同郵便局長はトランプ氏に反対する政治スタンスの持ち主で、遅れた投票用紙に11月3日消印のスタンプを押すように命じた。

 オキーフ氏は映像で「私たちが話している最中に、詐欺が起きている。証言者によると、彼らは6日にすべての投票を集め、3日の消印にしている」と話した。

 オキーフ氏はより多くの人に「不正投票」の証拠を提示するよう呼び掛けた。

(看中国記者・肖然/翻訳・北条 )