中国の防疫スタッフは、消毒を口実に、市民の家に入って、消毒殺菌後、すべての財物を略奪してしまった。(ツイッター動画のスクリーンショット)

 中国の防疫スタッフは、消毒を口実に、市民の家に入って、消毒殺菌後、すべての財物を略奪してしまった。

 ネットユーザーが投稿した動画には、黒竜江省のある濃厚接触者が、隔離施設から帰宅後、家中のものが全部なくなっていた様子が映っている。衣類、寝具、6000元以上のお金、そして冷蔵庫の中の食料もなくなっていた。コミュニティの管理者に報告しても、構ってくれなくて、最後は警察に通報するしかなかった。

 あるネットユーザーは同動画を転送し、「白昼堂々の下で、これは消毒殺菌なのか?それとも強盗なのか?家宅侵入して消毒することは合法的な強盗となっている!中国共産党の匪賊(ひぞく)がどのように悪を働いているのかを見てみろ」と怒りの声を上げた。

 「防疫スタッフは、濃厚接触者の家を消毒殺菌を機に、家宅の価値のあるものを全部盗んだ!これは強盗だ!」と怒鳴ったネットユーザーもいた。

(翻訳・藍彧)