イリ・カザフ自治州コルガス市(Voidvector, CC BY-SA 4.0 , ウィキメディア・コモンズ経由で)

 中国新疆ウイグル自治区の北西部に位置するイリ・カザフ自治州コルガス市では3日、新型コロナウイルス(中共ウイルス、SARS-CoV-2)の感染症例が確認された。ネットユーザーによると、イリ・カザフ自治州のすべての県と市が封鎖され、全員のPCR検査が開始され、州都のグルジャ市発のフライトも大量に欠航された。

 現地の公式メディアによると、3日、イリ・カザフ自治州コルガス市でPCR検査が行われたところ、2人が陽性反応を示し、さらなる検査で無症状者であると確認された。同日、同市の192人の濃厚接触者がPCR検査を受けたという。

 ネットユーザーによると、3日にコルガス市で感染者4名が確認された。イリ・カザフ自治州のほとんどの市や県が大規模なPCR検査を始めている。今では、すべての交差点、鉄道駅、空港では、通過する車や人が厳しく検査されている。その中で、州都のグルジャ市は一時的に閉鎖され、全員PCR検査が開始された。市内の列車は運行を停止し、グルジャ市発の飛行機のほとんどが欠航している。

(翻訳・徳永木里子)