4月22日、バージニア州ウェストモアランド郡監督委員会会議の現場(ウェストモアランド郡監督委員会の動画のスクリーンショット)

 バージニア州ウェストモアランド郡で22日、「強制臓器摘出に反対する決議案」が同郡監督委員会(郡の議会)を通過した。同決議案は(中国共産党による)法輪功学習者の臓器摘出を制止し、中国における臓器移植を徹底的に調査するよう米政府に呼びかけるものである。

 同決議案は「多くの信ぴょう性ある報告書によると、臓器移植手術のために、中国で良心の囚人(注1)に対する大規模な虐殺が起きている」と述べ、現地住民が中国で臓器移植することを禁止している。

 2021年より、バージニア州ではすでに9つの郡で同決議案を可決し、ウェストモアランド郡は10番目になる。バージニア州は8人のアメリカ大統領の出身地であり、「Home of Presidents(意訳:大統領の町)」と称されている。同郡は初代大統領ジョージ・ワシントンの出身地でもある。

 中国共産党による強制臓器摘出が2006年にはじめて発覚し、複数の信ぴょう性のある国際調査報告で実証された。

 国際NGO「法輪功迫害追跡国際組織(WOIPFG)」は2016年に、「1999年に当時の中国共産党総書記江沢民が法輪功を弾圧し始めてから、中国での臓器移植件数が爆発的な増加を見せた。中国公式メディアの報道によると、1999年から2006年までの間だけで、臓器移植件数が180倍に増えた」と指摘した。

 同年6月22日、元カナダ下院議員デービッド・キルガー氏、元国連総会カナダ代表団メンバーの人権弁護士デービッド・マタス氏と研究者イーサン・ガットマン氏が共同で『Bloody Harvest/The Slaughter: An Update(仮訳:中国臓器狩りの最新報告)』 を執筆した。同著作はワシントンD.C.のジャーナリストのための専門組織ナショナル・プレスクラブで発表された。3人の著者によると、過去15年間で、中国ではおよそ150万件の臓器移植手術が行われ、その主なドナーが法輪功学習者であるという。

 今年3月、米国の超党派議員たちは、バビン米議員が昨年12月に発起した「臓器強制摘出停止法案(Stop Forced Organ Harvesting Act)」を上下両院に提出した。同法案が可決すれば、強制臓器摘出に関与あるいは支持する外国政府関係者や機構への制裁に法的効力を発揮する。

 注1:良心の囚人とは、言論や思想、宗教、人種、性などを理由に不当逮捕された人のことをいう。

バージニア州ウェストモアランド郡決議案の原文:

クリックして2021Apr22WestmorelandRes_OH.pdfにアクセス

(翻訳・北条)