中国当局による強制ワクチン接種が民間の反感を買っている。近日、ワクチン接種範囲が妊活中及び哺乳期の女性にまで拡大し、接種しない者はブラックリストに載せられ、厳重な場合は職を失う可能性がある。

【編集・制作】Visiontimesjp News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。