トランプ政権初期に国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたハーバート・レイモンド・マクマスター将軍は2日、中国共産党の台湾に対する脅威が台湾を世界の焦点としています。米国は台湾の防衛強化に引き続き支援するよう提案しました。

【編集・制作】Visiontimesjp News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。