康熙帝の子供たちへのしつけ―口を修め功徳を積む

康熙帝(1654年―1722年)は、清の第4代皇帝。唐の太宗とともに、中国歴代最高の名君とされる。子孫の教育にも熱心であり、幼いころより馬術、弓術、銃術の訓練を受けさせた。また、子孫たちが過保護にされるのを好まず、苦労をさせるようにしつけをした。

Vision Times Japanさんの投稿 2018年5月21日月曜日

康熙帝(1654年―1722年)は、清の第4代皇帝。唐の太宗とともに、中国歴代最高の名君とされる。子孫の教育にも熱心であり、幼いころより馬術、弓術、銃術の訓練を受けさせた。また、子孫たちが過保護にされるのを好まず、苦労をさせるようにしつけをした。