文姬帰漢図(宋・李唐 / 國立故宮博物院・台北 / パブリック・ドメイン)

 「胡笳十八拍」は中国の十大名曲の一つです。中国後漢末期から三国時代の魏の詩人蔡琰(さい えん、蔡文姬、177年―249年)は胡笳という北方遊牧民の楽器のリズムを古琴の曲に加え、作成しました。
 興平年間(194年―195年)、董卓の残党によって乱が起こると、蔡琰は匈奴の兵士に拉致され、南匈奴の左賢王に側室として留め置かれました。匈奴に12年住む間に子供が2人生まれました。建安12年(207年)蔡琰は帰国しましたが、子供たちは匈奴に残されました。蔡琰が自らの不運な半生を表現したものが、「胡笳十八拍」とされています。

有名な古琴演奏者・呉景略(1907-1987)が演奏する「胡笳十八拍」:

(文・黎宜明)